埼玉協同病院 看護部
文字の大きさ 小 大
サイト内検索

メッセージ

ホーム 看護部紹介 メッセージ

看護部長よりごあいさつ

私たちは、地域に なくてはならない病院としてのあり方を追及し続けます。

私たちは、患者様にとって なくてはならない看護師としてのあり方を追及し続けます。

私たちは、いのちとくらしを護るために なくてはならない人としてのあり方を追及し続けます。

 埼玉協同病院看護部は、地域全体で“いのち”が生まれることを喜び、育むことができる助産師活動、急性期医療・救急医療・がん診療のチームをリードする看護師活動、あらゆる場面で生活と労働の視点・保健予防の視点をリードする保健師活動を、地域、そしてベッドサイドで実践しています。

地域に…『なんでも相談できる救急病院』
「病名が確定するのが怖くて病院に行けなかった」「治療費を心配して受診を控えていた」などあらゆる相談をお受けしています。その方の健康維持・必要な治療を開始できるように社会制度等を活用しつつ支援させて頂きます。

患者様に…『一人ひとりのお気持ちに合わせて』
「呼吸器がついているけど、家で過ごしたい」「ターミナル期だけど息子の結婚式に出たい」病気があっても患者様の望みを叶えることに医療チーム全員で支援します。

いのちとくらしに…『生命に差別なくどの人にも平等な医療・看護を』
開設以来、差額室料は頂いておりません。患者様・ご家族はもちろん、地域全体が健康でいられるために地域で開催する学習会への支援や制度づくりにも貢献しています。

これらを看護職として実践できる力をつける為に、1年目からプリセプター制度を取り入れた丁寧な教育体制と確かな看護技術を習得できるキャリアアップラダーを持っています。2015年からは、PNS(Partnar Ship  Nursinng System)を一部取り入れ、常に相談しながら看護ができるシステムも導入しました。教育プログラムは、看護職一人ひとりの個性に合わせ、進行調整をしています。

地域・患者様にとって、なくてはならない人としての成長ができる埼玉協同病院の看護にぜひ触れてみてください。



看護部長インタビュー(動画)