埼玉協同病院 看護部
文字の大きさ 小 大
サイト内検索

基礎研修(キャリア1)

ホーム 教育体制 基礎研修(キャリア1)

3年間の基礎研修 病気もくらしもまるごと看る

看護部全体で新人を支える重層的な指導体制
1年目はプリセプター制度で、マンツーマンに指導。
2~3年目のフィールドワークグループには先輩や、診療所看護師長、訪問看護ステーション管理者など地域看護のスペシャリストが丁寧に研修をサポートします。

卒後1年

到達目標
  • 基本的な看護実践ができる
方法
  • プリセプターによる指導
  • 患者理解のためのケースレポート作成

親身なサポートで看護のやりがいを感じられるように

1年目看護師  荒井 久未

荒井 久未
入職当初は、看護師としてどのような看護ができるのか不安が大きく戸惑いもありました。プリセプターに声をかけてい ただいたり、親身に相談にのってもらったことで、少しずつ患者に寄り添う看護ができるようになってきました。今では、看護師として仕事のやりがいを感じています。

悩みの共有やプリセプター研修で自分も成長

指導者  檜山 陽子

檜山 陽子
プリセプティが安心して相談できるように普段からの声掛けを意識しています。初めてのプリセプターは不安なことも多いですが、プリセプター会議を通してプリセプター同士で悩みを共有したり、委員会担当者からのアドバイスを受けています。
また、プリセプター研修では、コーチングやストレスマネージメントを学び、プリセプティへの指導だけでなく、病棟業務でも活かすことができています。

卒後2年

到達目標
  • 「医療福祉生協のいのちの章典」に立脚した看護実践が理解できる
  • 入院から在宅療養へつなげる看護援助ができる
卒後2年
方法
  • 看護技術・看護過程の展開のスキルアップ研修
  • フィールドワーク研修を含むケーススタディ

退院後の生活を見据えた看護の重要性を学びました

2年目看護師  高橋 枝里

高橋 枝里
フィールドワーク研修に取り組む中で、患者の退院後の生活をイメージし、患者、家族の想いを踏まえながら、退院調整を行っていくことの重要性を認識しました。病棟業務においては、手術直後の患者と関わっていく中で、短時間での状態の変化に対応していくこと、症例に応じた観察項目を把握しておくことの大切さを感じています。
先輩の指導を受けながら、今まで経験したことのない症例や多くの患者と関わりを持ち、病棟業務の幅を広げられるよう頑張っていきたいと思います。

患者の生活のなかにヒントがある

指導者  清水 美奈

清水 美奈
2 年目に入り、部門内での業務の幅も広がり、自立して行える業務が確実に増えてきました。
フィールドワーク研修では、在宅療養の場に赴き、実際の患者の生活をみることにより、様々な気づきが得られています。また、病棟での患者とのかかわりのなかで、退院後の生活を見据えた援助が行えるようになってきています。
これらの気づきを大切に、今後の患者の援助に活かしていって ほしいと思います。

卒後3年

到達目標
  • 人権尊重と健康障害の背景(生活と労働)を知り、看護に応用展開できる
方法
  • フィールドワーク研修
  • 健康教育講座の体験
  • 模擬患者によるロールプレイ研修
  • リーダーシップ研修

地域に行って見えた患者の生活

3年目保健師  野口 絢美

野口 絢美
「人権尊重と健康障害の背景(生活や労働)を理解し、病棟での看護へ結びつけることができる」ことを目標とし、訪問看護ステーションに研修に行き、地域の一人暮らしの方の生活背景と孤独死の実態を知ることができました。
地域の特性と患者の暮らしを知ることができ、より、患者理解に繋がると実感しました。病棟業務においても、患者の現在の治療のことだけでなく、患者をとりまく地域についても考えるように心がけています。

指導者側も自己啓発に努める機会になりました

指導者  平川 理恵

平川 理恵
プリセプターやリスクマネージャー、気管支鏡検査の介助など部門内での役割も増えていますが、積極的な姿勢で取り組んでいます。
フィールドワーク研修を通して、地域の歴史や特徴を知り、患者が暮らす地域の環境を理解することができたと思います。指導者側も研修支援を通して、自己啓発に努める機会になりました。
今後役割はますます大きくなりますが、3年間の成長を自信にして頑張ってくれることを期待しています。