埼玉協同病院

MENU

医療の質 委員会・チーム医療 褥瘡対策チーム

褥瘡対策チーム

褥瘡チームの任務

  • 褥瘡発生を予防するためのケア方法を提案しています。
  • 褥瘡が早期に治癒するために必要な治療やケア方法の実践と提示を行っています。
  • 他職種の介入が必要な場合は、チームメンバーおよび、他チームとの連携を図り、褥瘡治癒を目指しています。

2015 年度活動報告

  • 褥瘡チーム・部門担当者合同会議を開催しました(10 回)。
  • 毎週火曜日に褥瘡回診を実施し、治療方針の提示を行いました。
     回診延べ件数:470 件(褥瘡のみ415 件)
  • 褥瘡回診終了後に、回診メンバーで治療方針の検討を行いました。
  • セーフマスター褥瘡管理システムのシステム修正と業務変更を行い、入力作業が簡便化しました。
  • 褥瘡に関する学習会を開催し、リンクナースの育成を進めました。
     7回:マットレス・創傷被覆材・セーフマスター
    褥瘡管理システム、等

2016 年度課題

  • 褥瘡発生率の減少を目指します。
  • チームカンファレンスの充実を図ります。
  • 部門リンクナース育成を継続します。
  • セーフマスター褥瘡管理システムを用いた業務改善を進めます。