埼玉協同病院

MENU

診療科・専門外来・院内部門 医療被ばくについて

医療被ばくについて

放射線とは

放射線は、高いエネルギーを持った、粒子や電磁波のことを言います。X線は高いエネルギーを持った、見えない光だと考えてください。
放射線にはアルファ(α)線、ベータ(β)線、ガンマ(γ)線、エックス(X)線、中性子線などいろいろな種類があります。 また、私たちの身の回りには様々な放射線があります。宇宙から絶えず宇宙放射線が降り注ぎ、土や岩石等の物質に放射性物質が含まれており、これから放射線が出ています。これらを自然放射線といいます。
当院での放射線検査は、全てX線を使用して行われています。

放射線の性質(透過作用)

放射線には物を通り抜ける性質がありますが、放射線の種類によってその透過力は異なります。
例えば、放射性物質から出てくるα線は、空気中なら数cmで止まってしまいますし、1枚の紙で止めることができます。X線は透過力が強いほうですが、鉛や厚い鉄板で止まります。
この通り抜ける量は、身体の中の骨や脂肪などを通り抜けるときに弱まり、通り抜ける量に差がでます。この差を利用して、検査を行っています。

放射線の単位

Gy(グレイ)

吸収されたエネルギーで放射線の量を表します。
吸収線量の単位で、放射線および物質の種類に関係なく、照射物質の単位質量当たり、放射線から与えられたエネルギー量を表します。

Sv(シーベルト)

人体にどの程度影響を与えるかで放射線の量を表します。
等価線量の単位で、放射線の種類やエネルギーにより人体組織にたいする影響が異なることを考慮した、放射線防護に用いられる線量です。
実効線量の単位としても使われ、各組織・臓器の線量(等価線量)に基づき算定する線量で、個人線量管理ではその人が受ける総合的な影響の度合いを表します。

放射線と放射能

放射線を放出する能力を「放射能」といい、放射能をもった物質を「放射性物質」と言います。放射能という言葉は放射能の強さ(ベクレル(Bq))の意味にも使われます。
放射性物質を電球にたとえると、電球から出る光が放射線であり、光を出す性質あるいは能力が放射能にあたります。