埼玉協同病院

MENU

診療科・専門外来・院内部門 甲状腺外来

甲状腺外来

受付時間

完全予約制

診療体制表

甲状腺外来 診療内容

甲状腺の病気は、大きく分けるとホルモン異常により起こるものとしこり(腫瘍)が生じるものの2種類があります。前者にはバセドウ病に代表される甲状腺機能亢進と機能低下を引き起こす橋本病などがあります。後者のしこりには甲状腺がんや良性腫瘍、のう胞などがあります。
日本全国には甲状腺機能異常を有する患者数は自覚症状のない者を含めると約750万人と推定されています。更にその予備軍とも言うべき甲状腺自己抗体を持っている者は2,000万人を超えるとも言われます。またしこりには様々な種類を含めるとその割合は極めて高く人間ドックでは40%程度に認められますが、甲状腺がんも3%以上の割合で発見されています。
甲状腺外来はこれらの病気の診断治療をするための予約制内科外来です。検査は血液検査・CT・MRIなどですが穿刺吸引細胞診は外科外来、シンティグラフィは他の病院に依頼して行っています。

予約内科・専門外来受付方法

  1. 予約内科・専門外来に着きましたら、予約券をご提出ください。
  2. 予約券をお忘れの方は、職員に声をかけていただき来院されたことをお知らせください。

お知らせ・注意事項

  1. 専門外来受診希望の方は、一旦内科を受診していただく必要があります。予めご了承ください。
  2. 紹介状をお持ちの方は、地域連携課までお問合せください。