埼玉協同病院

MENU

病院概要 院長の挨拶

院長の挨拶


院長 増田 剛

長引く不況や、貧困と格差が進行する中で、医療・介護をめぐる情勢も一層厳しさを増しています。病気になっても医療機関にかかれない、お金がなくて必要な介護が受けられない「医療難民・介護難民」が現実に数多く存在しています。「金の切れ目が命の切れ目」になるような状況を何としても改善させなければなりません。

また現在、医療・介護に携わる職員たちは、医学の進歩や国の政策などにより年々多忙さが増す状況の中で、懸命に住民・患者・利用者に寄り添いながら奮闘しています。彼(彼女)らが自身の仕事に誇りと確信を持ち続けられるように労働環境を整備することも大変重要な課題です。

当院は1978年の開院以来、地域住民・組合員の皆様と力を合わせて、一貫して無差別・平等の医療・介護を追求してきました。併せて、その活動を担う医師をはじめとした職員の育成に、全ての医療・介護資源を研修資源として活用して取り組んできました。

現在の情勢の特徴を十分に理解して、住民・組合員の力に依拠しつつ、医師会や近隣の医療機関とも力を合わせて、常に人権をまもる視点で地域医療の維持・発展に尽力することが当院の使命と考えています。加えて、現在の諸制度の改善に向けた運動を進めるための、大きな国民的連帯の一翼としての役割もしっかりと自覚して歩んでいきたいと思っています。

この地域においてなくてはならない病院として、医療・介護分野で働く多くの若者たちに「学びの場」として活用される病院として、一歩一歩その力を大きくしていく決意です。