埼玉協同病院

MENU

病院概要 病院概要

病院概要

病院概要


埼玉協同病院

概要/組織図

病床数 一般病床401床
(ハイケアユニット4床、回復期リハビリテーション50床、緩和ケア病床24床を含む)
医師数 66名(常勤)
標榜科  ・ 内科 ・ 循環器内科 ・ 呼吸器内科 ・ 消化器内科 ・ 緩和ケア内科
 ・ 神経内科 ・ 小児科 ・ 外科 ・ 呼吸器外科 ・ 消化器外科 ・ 乳腺外科
 ・ 整形外科 ・ 脳神経外科 ・ 産婦人科 ・ 泌尿器科 ・ 皮膚科 ・ 眼科
 ・ 耳鼻咽喉科 ・ 精神科 ・ 放射線科 ・ 麻酔科 ・ リハビリテーション科
 ・ 病理診断科 ・ リウマチ科 ・ 臨床検査科 ・ 腎臓内科 ・ 血液内科
 ・ 糖尿病内科 ・ 救急科 ・ 泌尿器科(人工透析) ・ 緩和ケア外科
専門外来  ・ 甲状腺 ・ 被爆 ・ 禁煙 ・ 在宅医療
患者数 1日平均外来患者数:  1014.0人
1日平均入院患者数:    320.6人
指導医数 42名
研修医数 5名(2015年12月現在)

これまでのあゆみ

1978年、埼玉県川口市に開設しました。埼玉県全域にある医療生協さいたまの診療所・病院の医師を含む職員を養成するためのセンター病院として、また誰もが安心してかかれる医療機関が欲しいという地域の方たちとともにつくり上げ、現在も支えられています。開設当初からローテート研修を行い、総合力を持つ医師養成に力を入れてきました。

病院の特色

埼玉県の南部地域において、地域医療に力を注ぎ、地域の方たちとの保健予防活動、救急医療、慢性疾患医療、リハビリ、在宅医療まで一貫した総合的医療を患者さんの立場にたって実践しています。診療圏は川口市、戸田市、蕨市、さいたま市を中心とした急性期医療を担う中核病院です。

埼玉県がん診療指定病院

がん診療指定病院について


左から 千葉看護部長 増田院長 増永統括事務長

埼玉協同病院は基本方針の柱の一つにがん診療の充実の課題をあげています。ご存知の通り、がんは日本人の死因第一位の疾患であり、当院をご利用の地域の皆様にとっても大変重要な関心事であろうと思います。

私たちは、がん診療充実のために、県知事が認可する「がん診療指定病院」の資格取得に向けて丸2年がかりで取り組んできました。化学療法の質と安全性向上の取り組み、相談支援の仕組みづくり、がん診療に関わる専門職の計画的な育成、緩和ケア病棟の開設など、着実に実践を積み重ね、今春無事に指定を取得することが出来ました。

この成果をバネにして、今後もより一層の努力で質の高いがん診療を提供出来る病院に成長していくことが求められています。職員一同、地域の住民の皆様とも力を合わせて、より良いがん診療の実現に向けて奮闘していく決意です。

ISO9001・ISO14001

ISO9001:2015


画像をクリックすると大きく表示できます [PDF:403KB]

埼玉協同病院は病院業務の標準化を行い医療の安全性の追求や医療の質の向上を継続的にとりくむことを目的にISO9001認証取得に取り組み、病院全体(外来・在宅・健診)として2002年6月ISO9001:2008認証登録を受けました。

「ISO(アイ・エス・オー)」とはスイスのジュネーブに本部を持ち現在、日本を含む100ヶ国以上が加盟しており、国際的に通用する仕事の規格の制定を行っております。

「ISO9001規格」は全産業を対象に、製品またはサービスの品質を保証するために必要な管理システムを規定したものです。製造業や建築業界では、取引先から逆に取得を要求されるほど、認証を得ることが必須事項となってきています。このシステムが、信頼のバロメーターになっています。

医療サービスのポイント
  1. 組織・体制と責任・権限を定め、仕事をするための仕組みを整理します。
  2. 仕事の手順・基準を定め、決めた通り忠実に実行し、実施の証として記録を残します。
  3. 内部監査・マネジメントレビューによる継続的な質向上に向けた改善活動を行います。仕事上問題が生じた場合には是正処置を行います。是正処置とはなぜそのような事が発生したのかという原因追求を行い、再発防止策を検証するという患者様の視点での改善活動の仕組みです。

ISO14001:2015


画像をクリックすると大きく表示できます [PDF:405KB]

当院(川口市)はISO14001:2004認証登録を取得。
今回の認証取得は、医療生協さいたま全事業所一括での取得で、病院としては埼玉県内で初めての認証です。

埼玉協同病院(401床:川口市)は、2002年11月15日付で環境に関する国際規格であるISO14001:2004(環境マネージメントシステム)の認証を取得しました。
認証の範囲は、医療生協さいたま生活協同組合が運営する病院、老人保健施設、診療所(医科・歯科)、介護事業所、本部事務局の(サイト)すべてです。

「医療および社会事業」分野での取得は全国的にも珍しく、病院や老人保健施設、介護事業所が認証取得するのは埼玉県で初めてです。(財団法人日本適合性認定協会ホームページによる。)また、日本生活協同組合連合会に所属する医療生活協同組合としては、全国で初の認証取得となります。
なお、埼玉協同病院(401床:川口市)は、2002年6月にISO9001:2008(品質マネージメントシステム)をすでに認証取得しています。

2001年7月から準備を始め、電力等のエネルギー使用量削減、環境負荷の少ない医療材料の使用、感染性廃棄物等の適正な処理と削減、再生紙の使用範囲を広げるなどの目的・目標を決め、継続的な環境保全の活動をすすめてきました。

ISO14001:2004の認証取得を機に、環境負荷の軽減、環境保全の活動を生協組合員とともに一層すすめていく決意です。

日本医療機能評価機構


埼玉協同病院は2012年12月に3回目の更新審査を受け、引き続き認定を受けることができました。

認定病院は、全国8580病院中2388病院(28%)、埼玉県内355病院中 96病院(26%)です(2013年5月31日現在)。

日本医療機能評価機構は、1995年に設立された日本で唯一の病院機能評価を事業とする財団法人で、病院を学術的・中立的に評価して医療の質の向上と医療への信頼を確立することを目指しています。審査は書面審査と訪問審査で構成され、後者では第三者の評価調査者が直接病院を訪れて審査します。当院はすでに1998年に全国で28番目の認定を受け現在に至っています。

臨床研修評価機構

埼玉協同病院は2014年3月1日に、 NPO法人卒後臨床研修評価機構の認定を受けました。

「患者さんのための3つの宣言」実践医療機関に登録しています