埼玉協同病院

MENU

医療関係者の方へ 開放型病床のご案内

開放型病床のご案内

埼玉協同病院は、2003年4月1日より開放型病床を開設いたしました。ご紹介いただいた患者さまが最善の治療を受けるために、開放型病床登録医療機関の先生に、埼玉協同病院の入院病棟・検査施設等をご利用いただき、1人の患者さまを共に診療する仕組みです。
患者さまにとって最も身近な「かかりつけ医」と埼玉協同病院の医師が共同して診療することによって、入院中の療養から、退院後の治療まで、一貫した治療を受けることができます。

開放型病棟の利点

  1. 内紹介状を持って受診することで、かかりつけ医から埼玉協同病院の医師へ診療情報が十分に伝えられます。
  2. かかりつけ医は、開放型病床へ紹介・入院された患者さまを必要なときに訪床し、埼玉協同病院の主治医と共に、 診断・経過・治療方針などについて討議・相談します。このことで、より患者さまに納得していただける医療を提供することができます。
  3. 退院後は特別な事情がない限り、患者さまは紹介元の医療機関で治療を継続することになります。 入院中の診療情報が、埼玉協同病院を退院なさる際に、かかりつけ医へ診療情報提供書にて詳細に伝えられます。
  4. 退院後は退院時に準備された診療情報をもとに、かかりつけ医のもとで一貫した治療を受けられます。
  5. かかりつけ医と協同病院の医師が共同して診療を行うことで、「治療の一貫性と継続性」を実現でき、患者さまにとっても満足の高い医療を提供できるシステムです。