埼玉協同病院

MENU

当院の感染防止対策

患者様が安心してご来院できるよう下記の感染防止対策を実施しています。
皆様のご理解、ご協力をお願い致します。

当院の感染防止対策

・感染が疑わしい症状がある方の診察はエリアを分けています。他の患者様と接触がないようにしています。

・出入り口を防災センター入口(時間外診療出入口)のみに制限しています。

・病院玄関の開錠時間を8時に変更しています。 【詳しくはこちら】

・病院バスの消毒、清掃、換気を定期的に行っています。

・受付窓口に飛沫防止シートを設置しています。

・院内で多くの人が手が触れる場所(受付機、精算機、ソファなど)を定期的に消毒しています。

・入院患者様の面会を制限しています。オンライン面会を実施しています。
(病院からご家族へ来院をお願いした場合は感染防止対策を取った上で病棟へ立入ります)
・全ての緊急入院、全身麻酔の予定手術患者にCTとPCR検査を、出産予定の妊婦の方の入院にPCR検査を実施しています。予定入院の方は2週間体調チェック・検温をお願いしています。 【詳しくはこちら】
・職員は出勤前の検温と体調確認を行い、症状がある場合は勤務制限しています。
・職員は感染防止対策の一環で、マスクやゴーグル、フェイスシールド、ガウン、グローブを着用します。

患者様へのお願い

・病院に入る前にマスクの着用をお願いしています。(未就学児除く) 【詳しくはこちら】
・病院入口で手指消毒をお願いしています。

新型コロナウイルス感染症について 受診や相談のご案内

「新型コロナウイルス感染症」が疑われる方の相談を「帰国者・接触者相談センター」で受け付けています。
新型コロナウイルス感染症にかかったかもしれないと思った際に、緊急の場合を除いて、医療機関への受診を連絡なく直接行うことは控えていただきますよう、お願いいたします。