埼玉協同病院

MENU

診療科・専門外来・院内部門 病理検査室

病理検査室

病理組織検査

胃や大腸の内視鏡検査などで採取した組織(生検材料)や手術により切除された臓器(手術材料)が対象の検査です。病変が良性か悪性かを診断し、もし悪性の場合は病変の広がりなども調べます。また、手術中に切除部断端の腫瘍の有無やリンパ節への転移を調べる術中迅速検査も行われています。


自動染色装置


全自動免疫染色装置

術中迅速組織検査


凍結切片作製装置

手術中にリンパ節への転移の有無や切除部断端の腫瘍の有無を確認します。診断によっては切除範囲や手術方式の変更を決める重要な検査です。

病理細胞診検査

喀痰や尿、子宮頸部・内膜、乳腺、甲状腺、胸水、腹水などから癌細胞の有無や病気の原因となる病原体などを調べる検査です。採取された検体から標本を作製して顕微鏡で観察します。


喀痰の細胞診標本作製


喀痰中のがん細胞

病理解剖

患者様が亡くなられた後、ご家族に承諾がいただけた場合、病気の原因や治療効果の判定などの目的のために行われます。