埼玉協同病院

MENU

埼玉協同病院

代表番号

0570-00-4771

予約お問い合わせ

0570-047-489

診療受付/
8:10 ~ 11:20
休診日/
第2土曜・日・祝・年末年始12/30-1/3
外来のご案内
入院のご案内
診療科・専門外来
病院概要
医療関係者の方へ
採用情報

医療の質 診療実績

診療実績

1.認知機能が低下した患者のケア~身体抑制の軽減に向けて

 埼玉協同病院では、医療の質改善(QI)の指標を設定して、医療水準・質の面での改善目標を決めて取り組んでいます。今回とりあげる指標は、認知機能が低下時のケアの質についてです。

■せん妄リスクを評価し安全と人権に配慮した適切なケアにつなげる■
 病状や苦痛を伴う治療、入院という環境変化によって、時間や場所が急にわからなくなったり、注意力や思考力が低下するなど一時的な意識障害を起こすことがあります。高齢者に多く、認知機能が低下した方では特に起こしやすい状態でこれをせん妄と呼びます。入院時にせん妄を起こしやすいかどうかを評価し、環境調整や接し方など含め対応を検討します。病院では、行動制限を行わないと転倒や点滴・カテーテルを抜いてしまうなど、患者の生命または身体が危険にさらされる可能性が高い場合や、行動制限以外に患者の安全を確保する方法がない場合に、やむを得ず同意を得て一時的に身体抑制を行う場合があります。ハイリスクと評価された患者は2020年132人/月、2021年120人/月で、身体抑制に至った患者はそれぞれ72人/月、64人/月です。患者一人あたり日数と、解除・軽減のための検討頻度(抑制中の1日あたりの検討回数)を図に示しました。日数はやや延びていますが、多職種が関わって環境を整えたり見守りを強化するなど、抑制の時間を短くしたり、より制限的でない方法に変更するなど、軽減に努めています。

aaa

画像クリックで拡大表示

2.療養上の問題を抱えた患者の救急受け入れと相談支援

 埼玉協同病院では、医療の質改善(QI)の指標を設定して、医療水準・質の面での改善目標を決めて取り組んでいます。今回とりあげる指標は、医療へのアクセスが困難な患者の支援についてです。

■受療上の問題を抱えた患者の救急受け入れ状況、その後の支援■
 救急隊からの受け入れ要請時、受療上問題となりそうな生活背景や問題状況が伝えられます。無保険、一人暮らし、高齢者、酩酊者、外国人、住所不定などです。医療費の支払いをはじめ、治療を行ううえでさまざまな支援が必要となり、専門のスタッフが必要となるためです。このような患者の受け入れは通常スムーズとはいえず、特にこれらの問題状況のない患者と比べると、受け入れまでの要請回数(医療機関数;当院受け入れまで)が多い傾向にあります。新型コロナ感染症対策のための利用可能病床の減少や、近隣病院の一時受け入れ休止などの影響で、生活背景要因が特にない患者の要請回数も増えています。
 当院の救急受け入れ患者は年間3200~4000人ほどですが、受け入れ時の状況や情報収集を詳細に行うことで、療養のための相談支援が必要となった患者は、100~170人(3~5%)でした。多くは生活保護の相談や介護保険の活用、その他の経済支援など社会資源の活用・相談ですが、住まい・療養場所探しなどの支援を行うこともあります。

aaa

画像クリックで拡大表示